#仕事の悩み相談  #転職  #キャリアチェンジ

【40代の転職】決まらないと不安、決まっても失敗して悲惨な末路は嫌…。対策は?

キャリア相談窓口
狭くなっていた視野が、広がる。

さらに詳しく>  ご予約>

ぴよお

ご相談ありがとうございます!

それでは早速ご回答させて頂きますね。

半年以上転職が決まらない人も

転職はすんなり希望通りにはいかないものですが、40代に入るとさらに困難になる傾向があります。

企業が募集ターゲットとしているのは主に20〜30代向けで、40歳以上を可能としている求人は少ないものです。

そもそもの求人が少ないと、応募者が集中して狭き門になることや、求人そのものがあまり良い労働条件ではない場合もあります。

希望の年収を下げたとしても、半年、1年と、だらだら転職活動の時間だけが過ぎていくケースも珍しいことではありません。自分自身の過去に栄光や実績があっても、転職はそう易しくないことを肝に銘じておきましょう。

転職支援のプロ集団である転職エージェントであっても、求人案件自体が少なければ、十分なサポートを提供することは難しいはずです。成約が期待できない40代にはあまり力を注いでくれない場合もあるかもしれません。

とはいえ、一方で年収を維持する転職に成功している40代女性がいるのも事実。そこで今回は、40代女性が転職を成功させるポイントを改めて確認していきたいと思います。

【参考になる記事】
40代女性の転職は年収下がる?後悔しないために成功事例と失敗事例から対策を考えてみた!

 

【採用担当者の本音】40代に期待していることは?

採用担当者の立場に身を置いてみると、知識や経験はあるけれど頑固で何かと制約が多い40代よりも、一から教育していける20代や、即戦力として柔軟に動かせる30代を採用したがるのは想像に難くありません。

一方、企業は40代にも期待していることがあります。例えば、知識、スキル、経験、コミュニケーション能力、マネジメント能力など、これまで得てきた職務能力に加え、若手からも真摯に学ぼうという『謙虚さ・素直さ』もその一つです。

まずは、この機会に自分自身の棚卸しを行いましょう。40代ならではの自分の売り(付加価値)を把握することが最初にやるべきことです。

採用担当者は、応募者が「自分自身の価値をどのように認識しているか」を知りたがっています。

これまでの実績や得てきたもの(過去)に執着しすぎないよう注意し、どんな貢献ができるか・したいか(未来)や、今からでもまだ何色にも染まれる謙虚さと成長意欲をアピールするといいでしょう。

【参考になる記事】
【魅力ある自己PRの作り方】自己分析に必要な項目は?面接では強みだけでなく弱みも伝えたほうがいい?

 

自分に合った業種と企業選びが肝心

40代の転職では、より念入りに市場を把握する(業界理解・会社理解・仕事理解に努める)ことも重要です。

自分に付加価値があることをアピールできても、そもそも企業のニーズにマッチしていなければ採用担当者の心に響くことはありません。

自分の市場価値を分析したら、その価値を求めていたり、その価値を存分に発揮できる企業を探すことが肝心です。

【参考になる記事】
【就職転職の企業選び基準】自分に合った会社の選び方。大企業・中小企業・ベンチャー企業の違いを理解しよう!

 

40代は何を求められているのか

企業の採用担当者のほとんどは、40代に「より専門性の高い業務や管理職(マネジメント)ができること」を求めています。

経験を必要とする業務領域は20代や30代には難しく、年数をかけて育成していかなければなりません。しかし、40代となれば育成不要で任せられるという期待と目論見があります。

たとえ管理職や専門職を経験していなくても、大きなプロジェクトをいくつか経験していれば、採用にこぎつけられるということもあるでしょう。

異業種への転職を目指す場合でも、期待する業務やポジションを任せられる余地があれば採用されやすくなります。即戦力になると判断されれば、好条件を提示されて年収を維持できる可能性も高まるはずです。

一方、同業種へ転職する場合、専門的なスキルや豊富な経験があることは採用担当者の目にかなり大きな魅力として映ります。一朝一夕で身につくスキルではないため、40代ならではの能力と言えるでしょう。

【参考になる記事】
40代で事務職へ転職「未経験は難しい?受からない?」面接で自己PRすれば大丈夫!ポイントは3つ

 

40代のアピールポイントは「柔軟性」

一般的に(そうではない方もおりますが)、40代以降になると、20代30代の頃のような頭の柔軟性は失われがちです。

さらに、10年、20年と同じ企業で働いて社内の人間とだけ交流していると、自分と違う意見を受け入れ難くなっている可能性もあります。意識的か無意識的かは別として。

そうした40代に見られがちな特徴を把握している採用担当者には、「40代以降は凝り固まった考えをしやすいので要注意」というバイアスが強めにかかっていることも多く、40代の採用を見合わせてしまうことも少なくありません。

その反面、「20代はもちろん、30代までなら企業の考え方に染まってくれるだろう」と期待していたりします。

以上の観点から、面接では「自分に柔軟性や適応力があること、謙虚で素直な人間であること」をいかにアピールできるかが鍵となることも多いです。

例えば、転職する上で譲れない条件をあらかじめハッキリさせて臨むわけですが、採用される前の段階でそれらをいたずらに主張するのは賢明ではありません。

希望を伝えるタイミングも大切ですし、伝えた時の反応を敏感に察知し、場合によっては条件を緩和したり、代替条件を伝えることも必要になります。そのあたりのシミュレーションも抜かりなく準備しておけば、より柔軟な面接対応ができると思います。

しかし、柔軟性はすぐに身についたり取り戻せたりするものではありません。第三者の協力を得て模擬面接しフィードバックをもらうなど、できるだけ自分を客観的に見るよう努めましょう。

【参考になる記事】
【40代向け転職エージェントおすすめ5選+1】利用者の口コミで特に評判が良いサービスを厳選!

 

【注意】40代の転職で気をつけること

40代の転職では、次が確保できるまで今の仕事を辞めないことも考え、計画的に活動するべきです。

これまでお伝えしてきた通り、40代の転職には相応の困難が待ち受けています。次が見つかるまでに半年以上、状況によっては1年かかることも珍しくありません。今の仕事を辞めてからじっくり次を探そうと考えるのは危険です。

長引く転職活動で収入が途絶えれば、貯金を切り崩して生活せざるを得なくなります。そういう状況下では、精神的に余裕がなくなり、「このままずっと決まらないのではないか、早く決めなくては」と焦ってしまうものです。

その結果、早く安心したいがために妥協して安易に次を決めてしまいかねません。大幅に年収がダウンしたり、ブラック企業を選択してしまったり、転職に失敗する可能性が高まってしまうので注意しましょう。

【参考になる記事】
働きながら無理なく転職活動する為のポイント4つ!面接で「なぜ今の会社を退職する必要があるのか」聞かれたら?

キャリア相談窓口
狭くなっていた視野が、広がる。

さらに詳しく>  ご予約>

 

↓その他サービスメニューはこちら↓

転職支援サービス

ぴよお

【無料】転職エージェントおすすめ一覧を作成しました!

あなたに合ったサービスを探せるよう分類していますので、ぜひチェックしてみて下さい。

\自分に合うサービスを探す/
一覧を見る

 

当サイトおすすめ
転職サービスBEST5
ぴよお
当サイトおすすめ転職サービス5選をご紹介します。
ものすごい数のサービスがどんどん出ていますが、この5つに登録しておけば「まず間違いない」と思います!

 

適職セルフチェック   【無料の適職診断】自分に合った向いてる仕事を簡単チェック!

ぴよお
やり方は超簡単!紙とペンを用意して質問に答えるだけ。自己理解もグッと深まります。

「自分に向いてる仕事がわからない」という方は、一度セルフチェックしてみて下さい。

\自分の適職を把握する/
セルフチェック

【40代の転職相談】決まらないと不安、決まっても失敗して悲惨な末路は嫌…。対策は?
Twitter始めたばかりなのでよかったらフォローお願いします(^ ^)♪
>当サイトはリンクフリーです。

当サイトはリンクフリーです。

(注)ただし、画像への直リンクや、インラインフレームの使用はお断り致します。