#仕事の悩み相談  #転職  #キャリアチェンジ

【40代薬剤師の悩みランキング】求人はある?年収下がるのが普通?折り合いをつける方法も助言

キャリア相談窓口
狭くなっていた視野が、広がる。

さらに詳しく>  ご予約>

ぴよお

こんにちは、キャリアコンサルタントのぴよおです。

本記事は、次のようなお悩みを抱えている薬剤師の方に役立つ内容となっています。

40代薬剤師たちのリアルな悩みが知りたい

40代薬剤師が快適に働くために自分と折り合いをつけるコツを教えて欲しい

転職を考えているのでヒントや参考になる情報を得たい、妥協点も見つけたい

自力での転職活動がうまくいかず、年収がガクンと下がったり、思っていた職場と違い後悔する40代が増えています。

プロの支援を受けて、応募先の実態(求人票やホームページなどからは絶対にわからない内部情報)を把握することが成功の秘訣です。

転職に失敗したくない方は、【無料】薬剤師の転職サポートおすすめ一覧をチェックしてみて下さい。

第1位「体力がなくなり仕事がきつい」

40代薬剤師の悩みランキングの第1位は、体力の衰えを感じ、仕事がきつくなるです。

病院で働いていると夜勤(当直)がありますし、ドラッグストアも24時間営業や深夜まで営業している店舗があります。

労働時間が長くなりやすい職場で働いていると、「もっと若いころにはそれなりにこなせていたのに…」「今の自分にもう無理かもしれない」と感じやすいのが40代の特徴です。

夜勤がないところで働いていたとしても、思うように休めず疲労が溜まることも珍しくありません。

ドラッグストアの店長として働くある40代の女性は、1ヶ月の休みが2日程度で、他の従業員が急に休むと自分が出勤しなければならず、休みの日にも仕事の電話がかかってくるため、疲労困憊してしまいました。

駅の近くのドラッグストアだと、通勤・通学のお客さんが多いため、接客だけでも疲れてしまうものです。

【折り合いのつけ方】専門外の業務を任せられる人間関係づくり

ドラッグストア勤務で接客が多い場合、薬や健康食品以外の相談に関しては従業員に任せてしまうという線引きをすることも一つの解決策です。

ただし、常日頃から現場のスタッフ(薬剤師以外の従業員)とのコミュニケーションも怠らないよう努め、いざという時にヘルプをお願いできる人間関係を構築しておく必要があります。

【対策】薬剤師業務に専念できる体制の提案

接客だけでなくレジ打ちや薬以外の製品の品出しもしなければならないという場合は、上司に相談してパートを増やしてもらうことや、レジ打ちが足りない場合の優先順位として薬剤師を最後にしてもらうなど、お願いしてみましょう。

受け身では現状を変えることはできません。本来の薬剤師としての仕事に専念できる体制を考え、現場で積極的に提案していく「提案型の薬剤師」を目指してみてはいかがでしょうか。

 

第2位「スキルアップができない」

40代薬剤師の悩みランキングの第2位は、スキルアップができないです。

新人の頃は毎日が学習で、日々自分の成長を感じることができますが、薬剤師としての経験が長くなってくると、このままでいいのかと自問自答し、スキルアップをしたいけれど今の環境では難しいと感じることがあります。

また、自分は4年制で学んだが、6年制で学んだ薬学部生はどんな知識を持っているのか、自分は知識が足りないのでは?と感じる40代薬剤師も少なくありません。

【折り合いのつけ方】主体的に学ぼうとする姿勢が大事

薬剤師としての知識を豊富にしたい場合は、認定薬剤師やサプリメントアドバイザー、専門薬剤師などの資格取得を目指して勉強することを推奨します。

知識やスキルは主体的に学ぼうとする姿勢がないと身につかないものです。学ぶことに年齢は関係なく、20代の頃の体力を必要とするわけでもありません。

経験を積んだ40代だからこその視点で新しい情報を吸収してみるのも面白いのではないでしょうか。きっと薬剤師としての深みも増すはずですよ。

【対策】かかりつけ薬剤師を目指す

対策としては中・長期的なところもありますが、40代からは、かかりつけ薬剤師制度に沿って、かかりつけ薬剤師を目指すことも視野に入れてみることをおすすめします。

ただし、かかりつけ薬剤師になるには、下記5つの要件があります。

  1. 薬局勤務経験が3年以上であること
  2. 同一薬局に週32時間以上勤務していること
  3. 連続して12ヶ月以上在籍していること
  4. 認定薬剤師の資格を取得していること
  5. 医療に関わる地域活動に参加していること

かかりつけ薬剤師は指名を受けた患者の専属薬剤師として働き、薬の服用や管理だけでなく、患者の体調や食事の管理などの管理も行います。処方医へ指導内容を提供し、処方提案をすることもあります。

いずれにしても、高いスキルが求められるほか、その分収入も高くなる傾向がありますので、経験値のある40代が目指すにふさわしいと考えます。

 

第3位「同じ年代の薬剤師に比べて年収が低い」

40代薬剤師の悩みランキングの第3位は、同年代の薬剤師に比べて年収が低いです。

病院、企業、調剤薬局、ドラッグストアなど、勤務先によって年収は異なります。

ただ、40代になると同様の職場でも年収に開きが出ることも珍しくありません。出世している人とそうでない人との間で差が出る年代でもあるからです。

出世できるかどうかは能力や努力だけでなく、職場の状況にも左右されます。

例えば、ドラッグストアなら管理薬剤師は1人でいいので、その人が辞めるか、異動になるか、エリアマネージャーに昇進しなければ、自分は管理薬剤師になれません。上が詰まっていると自分の昇進も叶わないわけです。

また、40代だと子供が大学に通っている場合もあるので教育費がかかります。それに加え、親の介護費用や住宅ローンなど、支出の項目も増える傾向にある40代は、金銭面で不安になりやすいのです。

【折り合いのつけ方】戦略的な転職をする

現在の職場で大幅な収入アップが望めない場合は、転職するのが賢明です。

厚生労働省の発表によると、令和2年1月の「医師、薬剤師等の有効求人倍率は3.61倍で、全体平均の1.44倍よりかなり高く、他業種と比べると求人が多いのに働き手が少ない状況であることがわかります。

医師、薬剤師等の有効求人倍率「3.61倍」(※常用「含むパート」/令和2年1月)

<厚生労働省:職業別一般職業紹介状況[実数](常用(含パート))より>

つまり、40代でも収入面で有利な職場に転職することは十分可能である、と言えます。

あるアンケートによると、転職によって収入が年収101〜200万円アップした人の転職先は、調剤薬局から別の調剤薬局が最も多く、次が病院から調剤薬局、製薬メーカーから別の製薬メーカーとなっています。

年収201万円以上上がった人は、調剤薬局から別の調剤薬局が最も多く、次に病院から別の病院、または病院から調剤薬局となっています。

同じ調剤薬局でも待遇がかなり違い、収入のアップが見込めます。管理薬剤師や薬部長などの経験があれば、さらに有利な条件での転職も可能でしょう。

【対策】副業を持つ(※但し、管理薬剤師や公務員薬剤師以外)

時間や体力に余裕があれば、副業を持つことも一つの方法です。管理薬剤師や公務員薬剤師以外であれば、副業で収入を増やすことは可能です。

例えば、メディカルライターとして、医療技術や新薬の情報などを発信するという仕事があり、隙間時間を活用して仕事ができます。

あるいは、繁忙期のみ募集しているドラッグストアや病院などで短期のアルバイトをするのもいいでしょう。

また、派遣薬剤師として登録しておいて、自分の空いた時間に1日だけ出勤するという働き方も可能です。

その他には、海外医療記事や薬剤の添付文書の翻訳、理科系科目を教える家庭教師といった副業もあります。

◎あわせて読みたい

キャリア相談窓口 狭くなっていた視野が、広がる。 さらに詳しく>  ご予約> ぴよお こんにちは、キャリアコンサルタントのぴよおです。 薬剤師の需要は他の職業より高いものの、全体の需要と供給[…]

【全国・地方別】薬剤師の平均年収ランキング「東京の給料低すぎ!大阪や福岡は?」求人数が多い地域もチェック!

 

第4位「仕事とプライベート(家庭/地域社会とのかかわり等)の両立が難しい」

40代薬剤師の悩みランキングの第4位は、仕事とプライベート(家庭/地域社会とのかかわり等)の両立が難しいです。

40代になると、仕事以外の責任もいろいろと増えてきます。

子育てや親の介護、地域社会とのかかわりなど、時間や体力が取られることも多くなって、仕事との両立が難しくなりやすいのも40代の特徴です。

40代の薬剤師として働くある女性は、職場が家から電車で1時間ほどのところにあったため、家庭と仕事の両立がより大変だったそうで…。その期間は、家族間で喧嘩が増えたと語っています。

また、別の薬剤師の女性は病院勤務で当直があり、加えて薬剤師不足のため休日出勤もあって、ご主人と過ごす時間もかなり限られていったそうです。離婚の危機まではいかなかったものの、あのまま続いていたら離婚の可能性はあったと言います。

【折り合いのつけ方】勤務地や雇用形態を見直す

ワークライフバランスが取れないために仕事以外の生活にも支障が出るようなら、自宅から遠くない職場(許容できる範囲の職場)を探したり、雇用形態をパートや時短の派遣社員などに切り替えることも一つの方法です。

仕事に時間が取られ、家族と過ごす時間が少なくなり、プライベートな時間がほとんど取れないとなると、ストレスも溜まって心身共に疲れてしまいます。そうなる前に対処することが大事です!

【対策】支援サービスを利用する

利用できるサービスがあれば、積極的に利用しましょう。例えば、介護に時間が取られる方は、在宅介護サービスなどを利用して介護の負担を減らすよう工夫することが大事です。

 

第5位「人間関係がうまくいかない」

40代薬剤師の悩みランキングの第5位は、人間関係がうまくいかないです。

人間関係の問題は、どの世代でも、どの職場でも、大なり小なりあるものです。ただ、深刻になっていくと、毎日出勤するのが苦痛になってしまいます。

正社員で働いていた40代の薬剤師の女性は、同僚が裏で悪口を言い合っていて、自分も同調するように圧力を受けるので、人間関係に疲れてしまったと言います。その他にも、派閥や独自のルールが作られやすい環境に疲れを感じている人たちも多いです。

【折り合いのつけ方】ただ話を聞いてもらうことも大事

特定の人とトラブルが起こってしまった場合は、その人と直接話し合えるならそのほうがベターです。不用意に他の同僚に話すと、さらに問題が大きくなることが往々にして起こりやすい職場環境だからです。

信頼できる同僚や上司に相談できるならそれもいいですが、同僚や上司が年下出会った場合は話しにくく、行き詰まることがあるかもしれません。

そういう時でも1人で悩まないで、気心の知れた友人や家族に話すなど、ただ話を聞いてもらうのもいいことです。悩みを打ち明けるだけで気持ちが晴れることもあるでしょう。

【対策】自分に合った働き方を選ぶ

職場の人間関係がかなりのストレスになる場合は、働き方を正社員から業務委託に変えたり、派遣をチョイスするなど、今の自分に合った働き方を選ぶのも対策になります。

業務委託であれば、正社員よりは自由な働き方を実現しやすいと思います。派遣であれば、正社員よりも責任が小さくなることでしょう。ただし、女性が業務委託契約で働くメリットとデメリットもありますので、十分に理解した上で選ぶことが大切です。

管理薬剤師や薬部長になるなどの出世は望めませんが、人間関係に悩まされる状況はかなり減らせるでしょう。

 

薬剤師20代・30代の悩みもチェック!

【20代】薬剤師の悩みランキン

キャリア相談窓口 狭くなっていた視野が、広がる。 さらに詳しく>  ご予約> ぴよお こんにちは、キャリアコンサルタントのぴよおです。 本記事は、次のようなお悩みを抱えている薬剤師の方に役立[…]

【20代薬剤師の悩みランキング】年収に不満は?転職はまだ早い?対処法と対策をアドバイス

【30代】薬剤師の悩みランキン

キャリア相談窓口 狭くなっていた視野が、広がる。 さらに詳しく>  ご予約> ぴよお こんにちは、キャリアコンサルタントのぴよおです。 本記事は、次のようなお悩みを抱えている薬剤師の方に役立[…]

【30代薬剤師の悩みランキング】転職して年収アップを目指す時期?正しい対処法とおすすめ対策

 

あわせて読んで欲しい記事(3選)

ぴよ
ぴよ
ぜひ一緒に読んで欲しい記事を3つ厳選したピヨ♪
あわせて読みたい①

キャリア相談窓口 狭くなっていた視野が、広がる。 さらに詳しく>  ご予約> ぴよお こんにちは、キャリアコンサルタントのぴよおです。 薬剤師の需要は他の職業より高いものの、全体の需要と供給[…]

【全国・地方別】薬剤師の平均年収ランキング「東京の給料低すぎ!大阪や福岡は?」求人数が多い地域もチェック!
あわせて読みたい②

キャリア相談窓口 狭くなっていた視野が、広がる。 さらに詳しく>  ご予約> ぴよお こんにちは、キャリアコンサルタントのぴよおです。 本記事は、次のような悩みや疑問にお答えする薬剤師向けの[…]

「薬剤師の転職で悩むのは自分に合った職場の探し方」活動するフィールドごとに異なる業務内容・給料・やりがいを再確認しよう!
あわせて読みたい③

キャリア相談窓口 狭くなっていた視野が、広がる。 さらに詳しく>  ご予約> ぴよお こんにちは、キャリアコンサルタントのぴよおです。 本記事は、次のような悩みや疑問を解消する内容となってい[…]

【派遣薬剤師の働き方】給料いいの?メリットとデメリットは?向いてる人と向かない人もチェック!

キャリア相談窓口
狭くなっていた視野が、広がる。

さらに詳しく>  ご予約>

 

↓その他サービスメニューはこちら↓

薬剤師の転職サポート

ぴよお

薬剤師専門の転職支援サービスを厳選してみました!

今の給料に不満がある方、人間関係で悩みたくない方、より自分に合った働き方を目指しているは、ぜひチェックしてみて下さい。

\自分に合うサービスを探す/
一覧を見る

 

転職支援サービス

ぴよお

【無料】転職エージェントおすすめ一覧を作成しました!

あなたに合ったサービスを探せるよう分類していますので、ぜひチェックしてみて下さい。

\自分に合うサービスを探す/
一覧を見る

 

適職セルフチェック【無料の適職診断】自分に合った向いてる仕事を簡単チェック!

ぴよお
やり方は超簡単!紙とペンを用意して質問に答えるだけ。自己理解もグッと深まります。

「自分に向いてる仕事がわからない」という方は、一度セルフチェックしてみて下さい。

\自分の適職を把握する/
セルフチェック

【40代薬剤師の悩みランキング】求人はある?年収下がるのが普通?折り合いをつける方法も助言
Twitter始めたばかりなのでよかったらフォローお願いします(^ ^)♪
>当サイトはリンクフリーです。

当サイトはリンクフリーです。

(注)ただし、画像への直リンクや、インラインフレームの使用はお断り致します。