#仕事の悩み相談  #転職  #キャリアチェンジ

【30代薬剤師の悩みランキング】転職して年収アップを目指す時期?正しい対処法とおすすめ対策

キャリア相談窓口
狭くなっていた視野が、広がる。

さらに詳しく>  ご予約>

ぴよお

こんにちは、キャリアコンサルタントのぴよおです。

本記事は、次のようなお悩みを抱えている薬剤師の方に役立つ内容となっています。

30代薬剤師たちのリアルな悩みが知りたい

30代薬剤師が快適に働くための処世術や対策を教えて欲しい

転職を考えているのでヒントや参考になる情報を得たい

自力での転職活動によるミスマッチが増えています。

プロの支援を受けて、応募先の実態(求人票やホームページなどからは絶対にわからない内部情報)を把握することが成功の秘訣です。

「年収がガクンと下がってしまった」「思っていた職場と違った」など、転職に後悔したくない方は、【無料】薬剤師専門の転職サポートおすすめ一覧をチェックし、自分に合ったサービスの利用をご検討下さい。

第1位「出産や育児で生活が変化」

30代薬剤師の悩みランキングの第1位は、出産や育児など生活の変化に伴う悩みです。

厚生労働省の医師・歯科医師・薬剤師統計によると、全国の薬剤師数の61.3%は女性です。

<医師・歯科医師・薬剤師統計の概況「結果の概要3_薬剤師より」>

30代の女性の薬剤師は出産や育児などを経験することが多いため、状況の変化に伴う悩みが多くなっています。

例えば・・・

  • 産休・育休が終わったタイミングで遠方の店舗への異動をお願いされた
  • 子供の病気で急に休むと上司から嫌な顔をされる
  • 家庭と仕事の両立でかなり疲れる

などが目立っています。

新薬の登場など、育休期間中にどんどん状況が変化していくため、復帰後ついていけるかと不安になる場合もあります。

【対処法/解決方法】薬剤師向けの専門誌を定期購読する

育休中に情報不足になって不安を感じる場合は、薬剤師向けの専門誌を定期購読したり、最新情報を発信しているWebサイトのチェック・メルマガ登録するなど、情報のアップデートに努めましょう。

積極的に新しい情報を入手することで不安を和らげる効果が期待できます。また、復帰後は「職場の負担を分かち合う」という姿勢で仕事に取り組むとより馴染みやすくなるでしょう。

【対策】歩み寄りを行動で示す

子供がいると子供の病気や学校の行事などで休みを取ることが多くなり、同僚に負担をかけやすくなるものです。

「子供のことで休むのは当然の権利」という態度を取ると、周りの人も応援したいという気持ちにはなれません。

子供のお迎えの時間に間に合うようシフトを組んでもらい、土日はご主人に子供の世話を任せて閉店まで働いたり、早めに出勤するなど、できる限りの歩み寄りを行動で示せば、周りの協力も得やすくなるでしょう。

 

第2位「給与が低い」

30代薬剤師の悩みランキングの第2位は、給与が低いです。

30代に入り、結婚して子供ができると、必然的にかかるお金も多くなります。

それに見合った収入がない場合、「どうしよう…、年収を上げるにはどうすればいい?」と悩むことになります。

薬剤師の収入は地域や職場で差があるため、「同じ大学を卒業して年齢も同じなのに、どうしてこんなに給与に差があるのか…」と、ひどく落ち込んでしまう人も少なくありません。

【対処法/解決方法】どこで働くか、勤務地選定が大事!

年収を上げるには、薬剤師の需要が大きい地域で働くことに尽きます。

都市部は薬剤師が多いため、地方都市に比べると給与面では不利な状況です。

地方都市、特に薬剤師が不足している地域では、給与面を含め、優遇されることが多いのでチェックしてみましょう。

【対策】役職を目指して手当を狙う

もう1つは、調剤薬局なら管理薬剤師や薬局長などの役職を目指すことです。

管理薬剤師は、医薬品の在庫管理や保存、帳簿の管理、従業員の指導などを行います。

薬局長も店舗の責任者で、管理薬剤師と似ている仕事をするため、この2つの役職を兼任していることもあります。

兼任でない場合は業務の分担をしていますが、薬局長は本部と店舗とのパイプ役を務めるという点が管理薬剤師とは異なります。

いずれにしても管理職なので手当がつき、年収がアップすることは間違いありません。

◎あわせて読みたい

キャリア相談窓口 狭くなっていた視野が、広がる。 さらに詳しく>  ご予約> ぴよお こんにちは、キャリアコンサルタントのぴよおです。 薬剤師の需要は他の職業より高いものの、全体の需要と供給[…]

【全国・地方別】薬剤師の平均年収ランキング「東京の給料低すぎ!大阪や福岡は?」求人数が多い地域もチェック!

 

第3位「人間関係がうまくいかない」

30代薬剤師の悩みランキングの第3位は、人間関係がうまくいかないです。

30代薬剤師は、スタッフや店舗全体のマネジメントなどを任され、役職に就くケースも増えてきます。同時に、経営側と現場を取り持つことで、悩みを抱えやすい年代でもあります。

例えば・・・

  • 自分よりも年上で勤務年数が長いスタッフに対して注意するのが難しい
  • 以前薬局長をしていた年配の薬剤師が指示に全く従わない
  • 服薬指導に対して助言したいが、相手が自信を持っているので何と言ったらいいかわからない

などの悩みは常に上位に入ります。

もちろん、まだマネジメントの立場ではない場合でも、同僚や上司とうまくいかないとやはりストレスになるものですよね。

【対処法/解決方法】普段の何気ない会話を怠らない

マネジメントの立場にある薬剤師が問題に対処するには、普段からのコミュニケーションがポイントになります。

普段はほとんど会話がなく、助言されるときだけ近づいてくる相手の話にはなかなか素直に耳を傾けられないものです。

相手が自分より年下であればなおさらでしょう。コミュニケーションには、相手の話を受け止める「受容」と、相手の心に寄り添う「共感」が必要になります。

相手が不満を述べる場合でもすぐに否定するのではなく、「なぜそう思うのか」「どうしたいのか」ということを十分聞き取りましょう。

このような点を普段から心がけて接することで、相手の信頼を勝ち得ておけば、助言した時も受け入れてもらいやすくなります。

マネジメントの立場ではない人でも、人間関係に行き詰った場合は、自分のコミュニケーションの方法を改善することで、解決につながることが往々にしてあります。

【対策】悩みを口に出す、誰かに話す

自分だけで悩まないで、誰かに相談するのがベストです。

信頼できる先輩や上司に相談し、改善のための実際的なアドバイスをもらったり、協力を取りつける努力をしましょう。

悩みを口に出すと、問題が自分の中で整理され、客観的な視点で状況を捉え直すことができるという効果もあります。

話している過程で、解決の糸口になる方法や考え方を見出せるかもしれません。

【参考になる記事】
苦手な人にも好かれようと打算的になる女性の末路「気持ちよく仕事ができる付き合い方をプロが指南」

 

第4位「スキルアップができない」

30代薬剤師の悩みランキングの第4位は、スキルアップができないです。

30代でスキルアップを目指したいが、現状ではなかなか思い通りにならないと悩んでいる薬剤師もいます。

例えば・・・

  • より専門性を高めたいと思うものの、職場の経営方針など様々な事情でじっくりと学ぶことができない
  • 個人病院に隣接する薬局で働いており、異なる診療科や様々な処方例を扱う機会もなく、スキルが落ちていると感じる

などの悩みがあります。

【対処法/解決方法】主体的に情報収集する

多くの処方箋を経験したいものの、転職が難しい場合は、ネットや情報誌を活用したり、勉強会に参加するなど、主体的に情報収集するのがおすすめです。

転職が可能なら、総合病院の門前の薬局であればいろいろな科目の処方箋を扱うことができ、薬剤師の人数も多いので、経験豊富な人たちからアドバイスをもらうことができるでしょう。

【対策】専門薬剤師や認定薬剤師の資格を取る

その他には、専門薬剤師や認定薬剤師の資格を取るという方法があります。

専門薬剤師は認定薬剤師よりもレベルが高く、資格を取得するまでには期間もかかりますが、仮に取得できなかったとしてもその勉強で得た知識によって、薬剤師としてのレベルをアップさせることができます。

資格取得を目指して取り組むこと自体に損はありません。むしろ、メリットだらけでしょう。

ぴよお

キャリアを積みたい方は、いろいろな職場で多様な仕事を経験できる派遣という働き方も効果的です。

◎あわせて読みたい

キャリア相談窓口 狭くなっていた視野が、広がる。 さらに詳しく>  ご予約> ぴよお こんにちは、キャリアコンサルタントのぴよおです。 本記事は、次のような悩みや疑問を解消する内容となってい[…]

【派遣薬剤師の働き方】給料いいの?メリットとデメリットは?向いてる人と向かない人もチェック!

 

第5位「業務量の多さ、責任の重さが負担」

30代薬剤師の悩みランキングの第5位は、業務量の多さ、責任の重さが負担というものです。

薬剤師が不足していると、1人に対する負担が増えて激務になることがあります。

そのような職場では、

  • 日常的に残業をしなければならない
  • 有給休暇を取りにくい
  • プライベートの時間が奪われてストレスが溜まる

といった悩みも多くなります。

ドラッグストアなどでは、お客さんが多ければレジ打ち、品出し、接客などもこなさなければなりません。

また、薬剤師の仕事は一歩間違えれば患者さんの命にかかわることなので、プレッシャーが大きいという悩みもあります。

【対処法/解決方法】上司や会社側と話し合う

労働環境を改善するためには、上司や会社側と話し合い、人員を増やしてもらったり、業務の見直しをしてもらう必要があります。

「社内SNSなどを活用することで、わざわざミーティングで集まる時間を限定し、時間を有効活用する」など、時間の使い方を見直す提案や、業務効率化の施策をプランニングして伝えることも効果的です。

【対策】転職も視野に入れる

実際にミスをしてしまった場合はかなりのストレスになるものです。

ただ、ミスの原因は、人員不足によって監査のダブルチェックがなされていないことが根源かもしれません。ですから、自分を責めすぎないことが大事です。

上司や会社側に相談しても、自分にできる限りの努力をしても、それでも改善がなされない場合は、転職するのがベストな選択のように思います。

今の職場に自分1人しか薬剤師がいないために不安を感じている人は、退職を示唆することも効果的です。会社側は慌てて求人募集をかけるはずです。

少ない薬剤師で運営していくことを経営方針としているような職場であれば、人員に余裕があって知識や経験をしっかり身につけられる新たな職場を探すことを考えたほうが賢明でしょう。

 

薬剤師20代・40代の悩みもチェック!

【20代】薬剤師の悩みランキング

キャリア相談窓口 狭くなっていた視野が、広がる。 さらに詳しく>  ご予約> ぴよお こんにちは、キャリアコンサルタントのぴよおです。 本記事は、次のようなお悩みを抱えている薬剤師の方に役立[…]

【20代薬剤師の悩みランキング】年収に不満は?転職はまだ早い?対処法と対策をアドバイス
【40代】薬剤師の悩みランキング

キャリア相談窓口 狭くなっていた視野が、広がる。 さらに詳しく>  ご予約> ぴよお こんにちは、キャリアコンサルタントのぴよおです。 本記事は、次のようなお悩みを抱えている薬剤師の方に役立[…]

【40代薬剤師の悩みランキング】求人はある?年収下がるのが普通?折り合いをつける方法も助言

 

あわせて読んで欲しい記事(2選)

ぴよ
ぴよ
ぜひ一緒に読んで欲しい記事を2つ厳選したピヨ♪
あわせて読みたい①

キャリア相談窓口 狭くなっていた視野が、広がる。 さらに詳しく>  ご予約> ぴよお こんにちは、キャリアコンサルタントのぴよおです。 薬剤師の需要は他の職業より高いものの、全体の需要と供給[…]

【全国・地方別】薬剤師の平均年収ランキング「東京の給料低すぎ!大阪や福岡は?」求人数が多い地域もチェック!
あわせて読みたい②

キャリア相談窓口 狭くなっていた視野が、広がる。 さらに詳しく>  ご予約> ぴよお こんにちは、キャリアコンサルタントのぴよおです。 本記事は、次のような悩みや疑問にお答えする薬剤師向けの[…]

「薬剤師の転職で悩むのは自分に合った職場の探し方」活動するフィールドごとに異なる業務内容・給料・やりがいを再確認しよう!

キャリア相談窓口
狭くなっていた視野が、広がる。

さらに詳しく>  ご予約>

 

↓その他サービスメニューはこちら↓

薬剤師の転職サポート

ぴよお

薬剤師専門の転職支援サービスを厳選してみました!

今の給料に不満がある方、人間関係で悩みたくない方、より自分に合った働き方を目指しているは、ぜひチェックしてみて下さい。

\自分に合うサービスを探す/
一覧を見る

 

転職支援サービス

ぴよお

【無料】転職エージェントおすすめ一覧を作成しました!

あなたに合ったサービスを探せるよう分類していますので、ぜひチェックしてみて下さい。

\自分に合うサービスを探す/
一覧を見る

 

適職セルフチェック【無料の適職診断】自分に合った向いてる仕事を簡単チェック!

ぴよお
やり方は超簡単!紙とペンを用意して質問に答えるだけ。自己理解もグッと深まります。

「自分に向いてる仕事がわからない」という方は、一度セルフチェックしてみて下さい。

\自分の適職を把握する/
セルフチェック

【30代薬剤師の悩みランキング】転職して年収アップを目指す時期?正しい対処法とおすすめ対策
Twitter始めたばかりなのでよかったらフォローお願いします(^ ^)♪
>当サイトはリンクフリーです。

当サイトはリンクフリーです。

(注)ただし、画像への直リンクや、インラインフレームの使用はお断り致します。