#仕事の悩み相談  #転職  #キャリアチェンジ

未経験で異業種へ転職できるのは何歳まで?年収は下がる?志望動機の書き方は?まとめてチェック!

キャリア相談窓口
狭くなっていた視野が、広がる。

さらに詳しく>  ご予約>

ぴよお

こんにちは、キャリアコンサルタントのぴよおです。

本記事は、次のような悩みや疑問にお答えする内容となっています。

未経験の異業種へ転職するのは難しい?無謀?何歳までなら可能性あるの?

未経験の異業種へ転職したら年収は下がる?

志望動機の書き方がわからない…、書けない…

未経験の異業種へ転職を考えているので参考になる情報が欲しい

ここ最近は特に、未経験で異業種へ転職する思い切りのいいケースが増えています。

安定が期待できない不確実性の高い社会状況が、働く人々の危機意識を高め、チャレンジという行動へ駆り立てているのかもしれません。

未経験の異業種への転職が30代半ばを境に難しくなる理由

未経験の異業種へ転職する場合、30代後半から一気に難しくなってきます。

なぜなら、20代や30代前半の人財を募集する目的と、30代後半以降の人財を募集する目的に違いがあるためです。

30代前半までは「ポテンシャル重視」

30代前半くらいまでは、将来的に会社を支える中心メンバーになれそうな見込みのある人財(ポテンシャルの高い人財)を求める傾向があります。

就業経験が浅く知識や技術についても未熟な部分が多い層であるため、経験やスペックではなく可能性や人柄を重視し、これから育てていく価値がある人財かどうかを採用基準にしている企業は少なくありません。

そのため、20代はもちろん30代前半までであれば、未経験の業種に転職をしたいと思った場合でも転職しやすい傾向があります。

30代後半からは「即戦力重視」

一方、30代後半からは、ほとんどの企業が「10年以上のキャリアを持つ即戦力として、相応のスキルや経験があることを求める」ようになります。

このような企業側の意識が、30代半ばを境に未経験の異業種への転職を一気に難しくしている大きな要因と考えられます。人気が高い業種や希少求人の場合はさらに難易度が高まりますのでご留意下さい。

ぴよお
とはいえ、異業種でも今までの経験が活かせる場合は少し異なり、難易度が下がる傾向があります。異業種であっても同じ職種であることや、関連性がある業界への転職がその例です。

業種によっては人手不足に陥っていて未経験者でも問題がないという場合もあります。

介護や保育など慢性的に人手が少ない業種の場合には幅広い人財を求めるケースがあるため、興味・関心がある分野であるならチェックしておくといいでしょう。

◎あわせて読みたい

キャリア相談窓口 狭くなっていた視野が、広がる。 さらに詳しく>  ご予約> ぴよお こんにちは、キャリアコンサルタントのぴよおです。 本記事は、次のようなお悩みを抱えている方に役立つ内容と[…]

38歳で転職は遅い?厳しい?「35歳から転職は一気に難しくなる」と聞くが本当か。

 

年収アップは期待できない?

経験もスキルもない業種への転職では、残念ながら年収アップの期待は薄いと想定しておいたほうが賢明です。

同じ異業種への転職でも、前職と同じ職種である場合は、これまでの経験やスキルが活かせると評価してもらいやすく、前職の年収と同じ(現状維持)とする場合や、評価次第ではやや年収アップを提示してくれることもあります。

ぴよお
また、企業規模の大きな会社へ転職した場合は、もともとの給与水準の違いにより年収がアップすることがあります。

いずにしても、転職活動のやり方次第で年収が高くなる可能性は十分にありますので、事前にしっかり戦略を練っておきましょう。戦略的に転職活動する場合はプロに相談するといいですよ。

 

未経験の異業種へ転職するならプロのサポートは必須

例えば、今まで残業や休日出勤が多かった人であれば、転職することで労働環境が整い、大きく改善できる可能性は十分あります。望む働き方改革を達成することも可能でしょう。

しかし、それが「未経験の異業種へ転職」となると、慣れない環境に順応しながら新しい仕事をたくさん覚えなければならないため、より多くの努力が必要となります。体力だけでなくタフな精神力も必要でしょう。

ぴよお
未経験の異業種へ転職することを検討しているなら、失敗する可能性を最小限にするためにもプロフェッショナルの力を借りることを推奨します!

自分に合った転職エージェントを利用すれば、異業種からの転身組が多く活躍している職場環境を探してくれることもあります。表に出てこないリアルな内部情報を掴むことが成功の鍵になるでしょう。

未経験の異業種へ転職するには、自力では“かなり難しい”です。

異業種への転職を何としても成功させたい方は、【無料】転職サポートおすすめ一覧をチェックして自分に合ったサポートを選んでみて下さい。

 

志望動機の書き方「前向きに結びつける発想力が大事」

異業種への転職を考える人の多くが、志望動機の書き方に悩まされます。
ぴよお

実際のキャリア相談でも「どのように記載すればいいのか、何が正解なのか」という質問をたびたび受けます。

現職に何かしらの不満があるからこそ転職を決意するに至ったと思いますが、一つ断言できるのは「その不満を志望動機に記載してはいけない」ということです。

悪い例

5年間昇給がなかったので、やる気が失われてしまいました。

良い例


前職では昇給機会が無く自分の実力が見えづらいと感じていました。(…中略…)実績を見える形で評価してくれる御社でチャレンジしたいと思い、応募させて頂きました。

明らかに良い例のほうが前向きな印象を受けますよね。少なくとも、前職が嫌で逃げ出してきたのではなく、新しい環境で頑張っていこうとするやる気が感じられます。

ぴよお
現職(または前職)との違いを正しく把握し、今自分が持っている経験やスキルが転職先で活かせるかどうか多角的に考えて志望動機に盛り込むとより良くなりますよ。

異業種への転職といっても、今までの経験が全く活かせないことはありません。

例えば、今まで経理として働いてきた人が営業職に転職したいと考えた場合、数字に強いことを強みとしてあげ、見積書などの書類の作成がスムーズにこなせることなどをアピールするといいでしょう。

加えて、異なる仕事に対して強い興味・関心を持っていること等を、熱意を持って伝えることも忘れないで下さい。

 

志望動機を書く前に

志望動機を書く前に、応募先企業が公開している内容をしっかりと読み込み、その会社の強みをリサーチすることも忘れないようにしましょう。

応募先企業に就職したい積極的な理由を志望動機に盛り込むために、会社の強みを活用するのはセオリーです。

転職できればどこでもよいと思われるような志望動機にならないよう注意しましょう。

キャリア相談窓口
狭くなっていた視野が、広がる。

さらに詳しく>  ご予約>

 

↓その他サービスメニューはこちら↓

転職支援サービス

ぴよお

【無料】転職エージェントおすすめ一覧を作成しました!

あなたに合ったサービスを探せるよう分類していますので、ぜひチェックしてみて下さい。

\自分に合うサービスを探す/
一覧を見る

 

当サイトおすすめ
転職サービスBEST5
ぴよお
当サイトおすすめ転職サービス5選をご紹介します。
ものすごい数のサービスがどんどん出ていますが、この5つに登録しておけば「まず間違いない」と思います!

 

適職セルフチェック   【無料の適職診断】自分に合った向いてる仕事を簡単チェック!

ぴよお
やり方は超簡単!紙とペンを用意して質問に答えるだけ。自己理解もグッと深まります。

「自分に向いてる仕事がわからない」という方は、一度セルフチェックしてみて下さい。

\自分の適職を把握する/
セルフチェック

未経験で異業種へ転職できるのは何歳まで?年収は下がる?志望動機の書き方は?まとめてチェック!
Twitter始めたばかりなのでよかったらフォローお願いします(^ ^)♪
>当サイトはリンクフリーです。

当サイトはリンクフリーです。

(注)ただし、画像への直リンクや、インラインフレームの使用はお断り致します。